引越し業者の価格見積り比較

引っ越し業者の価格見積り比較

引越し料金見積り引っ越し価格見積り

荷物の梱包は自分でやれば安くなる

ダンボールの確保

 ダンボールは自分で用意し、梱包は自分で行いましょう。

 ダンボールは無料でくれる業者も多いですが、有料の業者であれば、当然その分を安くできます。 無料でダンボールをくれる業者であれば、本当にサービスでダンボールをくれるのではない限り、自分で用意するからその分安くしてほしいという交渉もできます。

 自分で用意するのであれば、近所のスーパー、コンビニ、ホームセンターなどで無料でもらうことができます。 衛生面などが気になる人もいるかもしれませんが、食品関係のダンボールを避ければ問題ないでしょう。 どうしても汚れや衛生面が気になるのであれば、業者やホームセンターなどで、新品のものを購入したりした方がよいかもしれません。

 どうしても面倒だと思う場合には、業者にタダでもらうことができないか、聞いてみるのもおすすめです。 使いまわしのダンボールであれば、タダでもらうことができることも多いです。

梱包の注意点

 梱包はすべて自分で行う場合と、すべて業者にやってもらう場合には結構料金に差ができます。

 梱包はわりと面倒な作業なので、自分でやるとなるとかなり大変な面もあります。 それなりに面倒ではありますが、安くなるだけでなく、不要品の処分や整理などのメリットもあります。 普段なかなかできないものも、引越しの際に整理できる良い機会なので、時間に余裕があれば自分で行いたいものです。

 大物家具などは自分で解体梱包できればよいですが、よほどの場合でなければ、業者に頼んだ方がよいでしょう。

 ベッドなど自分でできそうなおものでも、意外と大変で、壊してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 蔵庫はコンセントを取り外して霜取りをしましょう。 事前に霜取りを行わないと、高くなってしまいます。

 最後に注意点として、パックなどのサービスに含まれていると、自分でやるからといっても無理な場合もあるのでしっかり確認しましょう。

 大手の業者は、設備に加えて宣伝費用などにコストをかけることもあり、 その分割高な傾向があります。 少しでも引越し料金を安く抑えたい場合は、安心は同程度の中規模業者など、 複数の業者で見積りをとるのがおすすめです。

 引越し料金見積り>> 一括見積りで比較して格安で引越し!

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。