引越し業者の価格見積り比較

引っ越し業者の価格見積り比較

引越し料金見積り引っ越し価格見積り

荷造りのポイント

 引越しが決まったら、荷造りをしなければなりません。 荷造りは思った以上に時間がかかる可能性が高いので、少しずつでもよいので余裕をもって、早めにとりかかりましょう。

 できれば、遅くとも2週間前には荷造りを始めるようにしましょう。

まずは何から?

 始めるにも、何から手をつければよいでしょうか? まずはやはり普段あまり使わないものから荷造りしていきましょう。 もちろん部屋についても、普段あまり使わない部屋、あるいは通行の妨げにならない奥の方の部屋から荷造りします。 荷造りができた部屋は、荷物置き場として使うこともできます。 並行していらないものの処分もしていきましょう。

 いらないものは、以外と多いものなので、置き場に困ってしまうこともあるかもしれません。ゴミの日の前日などに、集中して荷造りを行えば、効率的に行うことができます。

ダンボールの扱い方

 荷造りの際に注意することは、箱を重くしすぎないことです。 箱を重くしたら運ぶのが大変ですし、そうでなくても底が抜けてしまうこともあります。

 いずれにしても、箱の底はガムテープなどで補強しておきます。

 また、箱がつぶれてしまわないように、新聞などを間に詰めたりしながら、できるだけ隙間なく荷物を入れるようにしましょう。

 特に注意したいのは、できるだけ大きな箱は使わないことです。 大きな箱の場合は、荷物を詰めているときは良くても、いざ運ぶ時にとても持ち上げられない状態になりかねません。

 荷物を積む際にも、小さい箱の方が隙間なく積むことができ、使いやすいです。 もし大きな箱を使う場合には、とにかく軽いものをいれるようにしましょう。

箱の中身はわかりやすく

 荷物を入れ終えた箱には、中に何が入っているのかわかるように印をつけておきましょう。 特にワレモノはワレモノと書いて、引越し業者にも一目でわかるようにしておきましょう。

 新居で搬入する場所を、記載しておくのもおすすめです。ひとつひとつ作業員に指示を行わなくても、目的通りの場所に運んでもらうことができるので、スムーズに作業が進みます。

 大手の業者は、設備に加えて宣伝費用などにコストをかけることもあり、 その分割高な傾向があります。 少しでも引越し料金を安く抑えたい場合は、安心は同程度の中規模業者など、 複数の業者で見積りをとるのがおすすめです。

 引越し料金見積り>> 一括見積りで比較して格安で引越し!

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。