引越し業者の価格見積り比較

引っ越し業者の価格見積り比較

引越し料金見積り引っ越し価格見積り

引越し料金の安い時期

 よく言われているように、3,4月など繁忙期の料金相場は高くなります。 引越し業者が高いからやめた方がいいという程なので、できればこの時期は避けたいところです。

 そうはいっても、仕事や家庭の事情などもありますから、やむを得ずこの時期となる人もおおいでしょう。

 時期以外にも、料金にかかわる条件がいくつかあります。

曜日と時間帯

 時期に関係なく、基本的に値段が安くなる曜日や時間帯があります。 基本的に、曜日は平日、時間帯は午後や夕方だと安くなるといわれています。

 やはり土日は予約が集中する傾向があるので、2,3割増しは覚悟する必要があります。 また、時間帯は午後や夕方が良いのは、その日すでに引越しを終えた作業員がそのまま作業に移れるので、業者にとっては効率的に回数がこなせるからです。

 ただし、その日の早い時間帯に行われる作業に遅れが生じれば、当然、後の引越しは予定より遅れてしまうデメリットもあります。 それでも良いから、とにかく安くしたい場合は、平日の午後でお願いするようにしましょう。

六曜とは?

 カレンダーなどに記載されている「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」などの文字があります。

 これらは六曜といわれるもので、吉凶を判断するものです。

 気にしない方は全く気にしないと思いますが、気にする方も結構います。

 六曜によっては、多少高かったり、安かったりする業者もあるようです。

 そういった業者であれば、大安の日は高く、反対に仏滅の日は安くなる傾向があるので、うまく利用して業者と交渉してみるのもよいでしょう。

とにかく安い日時にするには?

 業者も空きがあってトラックや設備などを遊ばせておくよりは、値段が安くてもいいから回数を行いたいもです。

 ですから、とにかく一番安い日時を選びたいのであれば、引越し業者の都合のよい日に任せしてしまえばよいでしょう。

 >>ネット一括見積りで、引越し料金を節約しよう


 大手の業者は、設備に加えて宣伝費用などにコストをかけることもあり、 その分割高な傾向があります。 少しでも引越し料金を安く抑えたい場合は、安心は同程度の中規模業者など、 複数の業者で見積りをとるのがおすすめです。

 引越し料金見積り>> 一括見積りで比較して格安で引越し!

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。