引越し業者の価格見積り比較

引っ越し業者の価格見積り比較

引越し料金見積り引っ越し価格見積り

必要な手続きを確認

 引越し時に必要な手続きは様々あります。後々大変にならないように、できるものから早めに手続きをしていきましょう。

引越し手続き
手続きの種類 届け先 引越し前の手続き 引越し後の手続き
転出届、転入届 各自治体 1~2週間前、転出証明書の発行をしてもらう。 14日以内に転出証明書を持参。
国民健康保険 各自治体 1~2週間前、国民健康保険証を返納する。 14日以内に印鑑を持参する。
印鑑登録 各自治体 不要。(転出届けを提出すると、同時に消去される。) 登録する印鑑を持参する。
電気 電力会社 1~2週間前(遅くとも当日)、引越し日に料金を精算。 リミッターに取り付けてある申込書に記入し、投函。
ガス ガス会社 1~2週間前(遅くとも2、3日前)、同時に転入先での使用開始の予約も行う。引越し日に料金を精算。 転入の2~3日前に開始予約をしてあれば、不要。
水道 水道局 1~2週間前(遅くとも2日前)、引越し日に料金を精算。 水道局に連絡する。
固定電話 NTT 2週間前(引っ越し先に電話回線が引かれていれば、当日でも可)、116に電話。 転居先に届く請求書で料金の支払い。
郵便転送 郵便局 1~2週間前、郵便局に置いてある住所変更届けに記入し、ポストに投函。 不要。
運転免許 警察署 不要。 免許証、本人確認書類、免許用写真(県外に引越しの場合)を持参する。

 大手の業者は、設備に加えて宣伝費用などにコストをかけることもあり、 その分割高な傾向があります。 少しでも引越し料金を安く抑えたい場合は、安心は同程度の中規模業者など、 複数の業者で見積りをとるのがおすすめです。

 引越し料金見積り>> 一括見積りで比較して格安で引越し!

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。